ボニックはお腹や脚に使っても痛くないの?

ボニックはお腹や脚に使っても痛くないの?

 

手軽でありながら、短期間でのダイエット効果が期待できることで人気のボニックですが、使用を始める際に多くの人が気にするポイントが痛みです。

 

ボニックは、超音波振動とEMSのWパワーによって筋肉を鍛えることができるマシンですが、超音波や電気をお腹や脚に通すとなると、強い痛みを感じるのではないかと不安を抱く人が少なくありません。

 

ボニックの使用時に痛みを感じるかどうかは人によって異なり、超音波振動の際には痛みを感じない人がほとんどですが、EMSモードの使用時には痛みを感じるという口コミが多くなっています。

 

しかしながら、EMSモードの使用時に痛みを感じるというのは、電気のパワーがしっかりと筋肉に作用している証拠である為、慌てて使用を止めてしまうのではなく、落ち着いて対処することが大切です。

 

そんなボニックのEMSモードで痛みを感じた際の対策の基本となるのが、出力を下げることです。

 

EMSによって感じる痛みは部位によって異なるので、一概にどの設定が最適であるとはいえませんが、運動不足などであまり筋肉を使っていない部位は痛みを感じやすいので、まずは弱い出力からはじめ、徐々に慣れていくことが大切となります。

 

また、専用のジェルを正しく塗ってから使うことで、痛みを和らげることが可能です。

 

専用のジェルは痛みを和らげるだけでなく美肌効果も期待できるので、ボニックでダイエットに取り組む際には併用することがおすすめです。